社労士及び心理業の方

  • HOME »
  • 社労士及び心理業の方

「もう、資格だけでは食べていけない」時代に
どの分野のプロフェッショナルになればいいのか?

資格起業家として成功するために避けて通れない道が2つあります。

ひとつは士業としての業務知識を蓄え、業務や顧問を獲得すること。実際のところ、士業としての仕事を取ることはさほど難しくありません。ルーティン ワークとしてアナログな営業を繰り返し、適切な広告によってネット集客を実施する。これはこれまでの私の書籍や「行列ができる」シリーズでお伝えしたこと です。

しかし、このレベルにいることは、競争世界にいることと同じで、同業他社の動向を常にリサーチしなければなりません。つまり、資格起業家として成功するためには、士業の業務以外の分野でも得意な分野を見つける必要があります。そこで、第二の壁にぶつかります。

「士業以外の分野で一体どのような能力を高めていけばいいのか?」

要するに、士業としてはそれなりに事務所経営ができたとしても、セミナーやコンサルティングの実施のために、どのような分野に特化していけばいいのかどうか分からないという第二の壁があるわけです。

マーケティング、経営、組織、ビジネスモデル、インターネット、採用、資産運用など、士業としては業務以外に特化する分野は様々です。では、いったいどの分野に特化するのがベストなのでしょうか?

結論を言えば、今求められているのは、
人の問題を解決するプロフェッショナルです。

結論から言いましょう。今求められているのは、「人の問題を解決する分野のスペシャリスト」です。

なぜ、人の問題を解決するプロフェッショナルが必要なのか?それは今、企業は80年代、90年代とは全く違う問題を抱えるようになってしまったからです。

全く違う問題とは何か?それは、従業員の「うつ」「自殺」などのメンタルな問題です。

給料を増やし、福利厚生を充実させれば従業員は幸せに働いていける。経済成長の停滞とともに、こういった手法は多くの企業で使えなくなりました。その後、従業員は疲弊し、「うつ」や最終的には「自殺」までしてしまうケースが増えてしまっているのです。

重要なのは、これらの問題が潜在的な問題であることです。今はまだ表面化していないだけで、多くの会社がこうした問題を抱えているのです。

断言します!
メンタルマネジメント業務は、もっとも伸びる市場のひとつです

この分野に強くなることで、多くの企業を救うことができます。では、その市場性はいったいどうなっているのか?せっかくプロフェッショナルになった としても、本当にこの分野のプロフェッショナルになることで、事務所が成長できるのだろうかというのは当然の疑問だと思います。

この点、断言します。メンタルマネジメント業務は、これからもっとも伸びる市場のひとつであると。

理由は3つです。

1つめは、
企業の賠償責任が高額化しているということです。もし、こうしたメンタルヘルス対策を講じず、起きた過労自殺などの賠償が極めて低額であれば、極端な話、企業は対策を講じない可能性があります。しかし、最近ではひとりの自殺に対しても数千万円から1億を超える賠償額が認められることがあります。そのため、これからの企業は本格的にメンタルヘルス対策に取り組む必要があります。

2つめは、
精神疾患労災の申請が増え、認定も増えているという事実です。2011年には1181件の労災が申請され、うち308件が認定されました。これは過去最大の申請数になります。このように、労災でも精神的なものを認める傾向が強くなっていることも市場が伸びる可能性を示唆しています。

3つめは、
国が本格的な戦略を取っているという点です。内閣府が閣議決定した新成長戦略では、2020年までの目標として事業規模に関係なく全ての企業がメンタルマネジメント対策を実施するということが掲げられています。つまり、もうメンタルマネジメント対策は、国家的な動きなのです。

付け加えていえば、メンタルマネジメント対策の国家的な動きとして、「労働安全衛生法」の改正が検討されていたり、「こころの健康推進基本法(仮称)」の 成立が準備されていたりします。さらに厚生労働省の調べでは、うつや自殺がなくなると経済的便益の推計額が単年で2兆7000億円にもなると言われてお り、こういった統計からも伸びる分野であると言えます。

うつや自殺は真剣に取り組むべき問題ではありますが、市場的側面から見ても有望性がある分野であり、極端な言い方をすればこの分野のスペシャリストを養成する機関はなく、担い手が足りていないということができます。

メンタルマネジメント分野に強くなると、次のようなことができるようになります。

  • 企業向けにメンタルマネジメントのセミナーを開催できるようになり、士業としてのレベルが上がり、収益が伸びる
  • 企業向けにメンタルマネジメント関連のコンサルティングができるようになり、収益アップにつながる
  • メンタルマネジメントに詳しくなることで、士業としてのレベルが上がり、顧問契約、業務受注の成約率が上がる
  • 同業者との差別化が明確になり、通常の営業も行いやすくなる

あなたがメンタルマネジメント業務に強くなることで、同業他社との差別化が簡単になり、そしてコンサルタントとして活動をすることを可能にします。このように、企業にとっては深刻な問題であるものの、私たち士業にとってはチャンスでもあるのです。

お気軽にお問い合わせください TEL 092-474-1615 受付時間 9:00 - 18:00 [ 土・日・祝日除く ]

PAGETOP
Copyright © 日本産業メンタルマネジメント協会 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.