介護・福祉業に従事する男性は精神保健面で注意が必要なようだ。情報サービス業の情報基盤開発が、同社の「AltPaperストレスチェック」の尺度を用い、保健衛生、社会保険・社会福祉・介護事業の職種を細分化し、そのストレス状況・ストレス要因を分析した結果を公表した。

 

レポートによれば、保健衛生、社会保険・社会福祉・介護事業に従事する男性では高ストレス者の割合が約15%にも上り、総合健康リスクも全国平均を上回る結果となった。一方、女性では高ストレス者の割合は約10%で全国平均と同程度で、総合健康リスクでは全国平均より低い値となり男女間でストレスの程度に差があるようだ。

職種別では、特に介護ヘルパーなど介護サービス職の従事者では男女共に総合健康リスクの値が全国平均を超えており、高ストレス者の割合では男性の値が15%を超えている一方、女性では全国平均並みになっている。

他の職種についても同様に男女間で差が見られ、男性では大多数の職種で総合健康リスクが全国平均を大幅に上回り、高ストレス者の割合が15%前後と高い値を示している。一方、女性では高ストレス者の割合も総合健康リスクも共に全国平均を下回っており、唯一事務従事者の高ストレス者の割合のみが全国平均を超えている。